news

  1. ホーム
  2. 園からのお知らせ
  3. 新型コロナウイルス感染症対策について

園からのお知らせ

2020.12.18

新型コロナウイルス感染症対策について

現在、園では嘱託医とも連携を図りながら新型コロナウイルス感染症対策として様々な取り組みを行っております。しかしながら、昨今比較的安全とされてきた未就園児の感染も全国的に確認されています。そこで、園ではこれまでの感染症対策の見直しを図り、12月14日(月)から下記のような対応をとらせていただきます。保護者の皆様におかれましては、収束の見えない不安定な状況下ですが、子ども達の安心と安全のためにご理解とご協力をお願いします。

【園児の登降園等について】

①登園前の検温、及びチェック表への記入を引き続きお願いします

②発熱(37.5度以上の発熱がある場合は、解熱から24時間が経過してから登園)、咳などの風邪症状のある場合は登園を控えてください

【New】3歳以上児で不安な方は、基本的には園児の自己管理にはなりますが、マスクを着用して登園していただいて構いません(3歳未満児は日本小児科医会が指針に出されているように、安全の観点からマスクの着用は行いません)※園児へのマスクの貸し出しは原則行いませんのでご了承ください

*マスクの管理について(*園生活の中で紛失することもありますので高価なものや派手な柄のものは遠慮ください)

・全てのマスクに名前の記入をお願いします(不織布のマスクも同様)

・マスクの使い方や管理の仕方について、家庭でもよく話をしておいてください

・予備のマスク(2枚程度をナイロン袋等に入れる)は通園カバン・リュックの内ポケットに入れておいてください

・マスクは主に室内では着用しますが、戸外では着用しません

④降園時は感染予防のため、引継ぎ後は保護者同士の私語は控えるようにして、速やかに降園してください

【受け入れ時の対応】
①園児は、検診前の手洗いとアルコールによる消毒を引き継ぎお願いします

③保護者は、園内に入られる際は必ずマスクの着用をお願いします

【保育中の対応】

①全クラス定期的に換気を行っています(教室の窓を開ける、扉を開ける等)

②こまめな手洗い、手指消毒を行っています

③玩具や椅子や机、園児の手が触れる箇所は毎日看護師を中心にアルコール消毒を徹底しています

【New】当面の間、室内で歌をうたう活動は縮小しますが、園生活と歌は切り離せないので現在方法を検討しています

【給食時の対応】

①園児が向かい合わせになる机(1・2・3歳児)は、飛沫防止の為の仕切り(パーテーション)を使用しています

②4・5歳児は、個人机または2人用机を使用し、同じ方向を向いて食べています

③給食時は会話を控えるよう指導しています

④職員は、給食時、園児とは距離を空けて食べるようにしています

【園の対応】

①職員は出勤前に検温し、体調管理に努めています

②職員は室内ではマスクを着用して保育しますが、主となって保育を行う保育者はマウスシールドをつけて保育を行います

【New】今後、国の補助金等を活用して、各教室に加湿機能付き空気清浄機(済)や加湿器の設置を順次進めていきます

ページの先頭へ